メイ・イット・ビー

「ピュア・ボイス」ヘイリー・ウェステンラは、一時期ケルティック・ウーマンの一員としてに活動していました。ケルティック・ウーマンは文字通り「ケルトの女性」で、ケルト系を前面に出したグループ名です。女性5人組で、バイオリン(ケルト音楽ではフィドルというそうです。)奏者1人と4人の歌手の編成になっています。きれいなコーラスが売り物です。このグループ、なぜかメンバーは固定的でなく、かなりころころと入れ替わっています。ヘイリーが参加していたのも一時期です。

ケルティック・ウーマンは、ケルトの曲だけでなく、イギリスの古い歌やクラシック、ポップスなどからメロディーがきれいな歌を選んで歌っていますので、むしろコーラス・グループと捉えてもよいかと思います。きれいなハーモニーが聞かれます。

ヘイリーの『メイ・イット・ビー』がすばらしいと前に書きましたが、ヘイリーのいないケルティク・ウーマンとしても『メイ・イット・ビー』を歌っていて、こちらもすばらしい。曲自体が好きなのですが、当初からのメンバー、リサ・ケリーの歌声もすてきです。ヘイリーがひたすら透きとおった声とすれば、リサはつやのある声です。ぜひ、エンヤやヘイリーと聴き比べてみてください。

https://www.youtube.com/watch?v=RugSclNY4y8

画像




■送料無料 日本盤■Celtic Woman (ケルティック・ウーマン)■CD【ケルティック・ウーマン】■'06/2/8発売
アットマークジュエリー
Celtic Woman (ケルティック・ウーマン) CD【ケルティック・ウーマン】 日本盤(ボーナ

楽天市場 by ウェブリブログ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック