リヴィン・ラ・ビーダ・ロッカ

この曲は、プエルトリコ出身のリッキー・マーティンという歌手が平成11年(1999年)に歌って大ヒットした曲です。これを日本で郷ひろみがカバーして『ゴールドフィンガー’99』という曲名でヒットさせました。今でも「あっちち、あっちち」というフレーズがたいへん頭にこびりついています。郷ひろみは原曲が出てすぐにカバーしているようなので、曲のすばらしさに相当惚れ込んだのでしょう。

リッキー・マーティンについて調べてみると、サルサ系の歌手ということです。こういうリズムをサルサと言うのでしょうか、ラテン系の小気味のよいリズムで、トランペットなどにぎやかな音が色彩感豊かで、聴いているだけで足がリズムを刻みたくなります。二人の歌手の歌を聴き比べてみてください。

リッキー・マーティン『リヴィン・ラ・ビーダ・ロッカ』
https://www.youtube.com/watch?v=p47fEXGabaY

郷ひろみ『ゴールドフィンガー99』
http://www.youtube.com/watch?v=1I_Oi36QhbU&feature=fvw

もうひとつ、この曲に似たリズムと雰囲気の曲を見つけました。ロシアのポップス『4つの海』です。聴き比べてみてください。
http://hero108.at.webry.info/201010/article_4.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック