ユー・レイズ・ミー・アップ

『ユー・レイズ・ミー・アップ』は、ノルウェーとアイルランドの2人組グループのシークレット・ガーデンが作曲し、2002年にアルバムで発表した曲です。ウィキペディアには『ダニー・ボーイ』(『ロンドンデリーの歌』)をもとに作曲されたということです。確かに曲の雰囲気はそっくりで、特にさびのところの数音はほとんど同じです。聞き慣れるとメロディはいくらか違うのですが、しばらく聴かないでいてたまに聴くとこんがらがってきそうです。

この曲はいろいろな歌手やグループに取り上げられ、かなりポプュラーな曲になっています。わたしは『ダニー・ボーイ』よりも声の美しさを際ただせるようなメロディになっているように感じて、この先何十年もたつとこちらのほうが有名になっているかも知れないという心配をしてしまいます。

わたしが最も気に入っているのが。ケルティック・ウーマンの演奏です。しっとりとした透明感を持ちながらも豪華絢爛という二律背反を克服したような仕上がりになっています。特にふとっちょのクロエ・アグニューがとても消え入るようなかわいい声を出していますし、リサ・ケリーもきれいな通る声で情感を盛り上げています。また、目立ちませんがヘイリー・ウェステンラも美しい声の一角を担って厚みを加えているようです。

そして、後半でバックコーラスが一斉に入ってくるところでは一気に盛り上がってきて、心にびりびりと響いてきます。ここまで美しく迫ってくるコーラスがあるのかと思うほどです。

フィギュア・スケートの荒川静香が金メダルを取ったトリノ・オリンピックのエキジビジョンでこの曲を使ったのもなるほどと思わせます。ゆったりと静かに優美に滑る荒川の姿にぴったりの曲だったと思っています。

http://www.youtube.com/watch?v=faKFcfytlxU

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック