やさしく歌って

ネスカフェのCMとして有名な曲です。ネスカフェのCMというばこの曲が思い出されるほど連想が働くようになっていますが、最近までだれが歌っているかは知りませんでした。(興味がなかった?)ネットをぶらぶらしていたとき、この曲の存在を思い出し、成り立ちについて知ったのです。歌手はロバータ・フラックです。この名前は聞いたことがありました。

この曲はロバータ・フラックが歌って有名になりましたが、実は彼女のオリジナルではないそうです。ロリ・リーバーマンという女性歌手が昭和47年(1972年)に歌ったものがオリジナルで、この曲はヒットしなかったそうです。これを聴いたロバータ・フラックがカバーしたものだそうです。

時間の経過と前後関係がよくわからないのですが、ウィキペディアでは「リリース後4週間で全米1位、1973年2月24日から5週連続でビルボード誌第1位を達成した。」と書かれているので、1972年のうちか1973年の1月に出したものが爆発的にヒットしたのでしょう。おそらくロリ・リーバーマンの曲を1972年のうちに聴いて、すぐにカバーしたのでしょう。ヒットしなかったというのがはっきりする位の時間はあったのでしょうが、くわしい状況はどうなんでしょうね。

ところで、ネット上には「ネスカフェ(1972年)」とタイトルがつけられたCM映像が流れています。この「1972年」は1972年にネスカフェのCMで放映されたという意味でしょうか。そうだとすると、大ヒットになる前にこの歌に着目したということで、すばらしい読みだと思いますが、起用秘話など知りたいものです。

さて、曲自体です。全体として落ち着いたトーンで味のあるメロディと言えます。わたしの感覚では大受けするようなサビはないけども、しっとりと聴かせてくれる曲です。粋でしゃれた感覚がインスタント・コーヒーのイメージアップにぴったりだったのではないでしょうか。

ウィキペディアではジャンルをソウルとしていますので、ここではそれにならいますが、わたしはジャズっぽいなあと思っています。

ロバータ・フラック
やはり、これがいい味を出しています。
http://www.youtube.com/watch?NR=1&v=LQ2t5e7stVM

ロリ・リバーマン
フォーク調でまったく別の曲のようです。ギターの伴奏が素朴でジョーン・バエズを思い浮かべてしまいます。
http://www.youtube.com/watch?NR=1&v=WxY47jh9owA

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック