さよならをするために

ビリーバンバンの昭和47年(1972年)の作品です。ソフトな感じで別れを歌った名曲だと思っています。

ビリーバンバンは『白いブランコ』で昭和44年(1969年)にデビューした兄弟デュオです。菅原孝と菅原進の2人で、いずれもやわらかい声の持ち主で、無理なく声を出し、兄弟ならではの美しいハーモニーを出すことで定評がありました。

すっかり忘れていましたが、この曲は石坂浩二の作詞ということで当時話題になりました。そのことは思い出したのですが、この曲がテレビドラマの『3丁目4番地』の主題歌だったということは思い出せません。当時テレビをほとんど見ていなかったためか、ドラマの内容についてはまったく記憶がありません。そのころすでに結婚していた石坂浩二と浅丘ルリ子が主人公の恋愛物だったようです。そんな関係でで石坂浩二が作詞したのでしょうか。余談ですが、石坂浩二は俳優のほか、バラエティ番組の司会や絵画、翻訳も手がけるなどものすごい才能の持ち主のようです。

当時は曲全体のイメージだけで気に入っていましたが、あらためて歌詞をながめてみるといろいろと不思議なことに気づく詞です。

まず先に曲名ですが、『さよならをするために』というのが、述語の欠けたようなことばの使い方です。ふつうだと「ために」を使うと、「仲よくするために握手をする」のように、あとに行為のことばがくるのですが、ここでは省略されていて、どうするのかがわかりません。わざとあいまいにしているような感じです。「さよならをするためにいろいろと思い出を振り返って見ると・・・」ということかもしれません。

「過ぎた日の 微笑みを みんな君に あげる」
この詞がとても印象的でした。「微笑みをみんなあげてどうなの?」と真剣に考えてしまうと難しくなってしまいますので、あっさりと聞き流しておくのが流儀なのかもしれません。なんとなく別れのさみしさのなかにほわっとした温かみを感じるところです。

「温かな昼下がり 通り過ぎる 雨に 濡れることを 夢に見るよ」
この歌詞も難解です。1番だけでなく2番でも歌っているので、作者の思い入れはたっぷりなのでしょう。雨といっしょに想い出も洗い流してしまおうということでしょうか。

「胸に残る 想い出と さよならをするために」
ここで気になるのが、さよならをするのは、彼女とではなく、想い出となのです。直接的でないところが、胸にじんわりとくるような気がします。

この曲は編曲もすてきだったと思います。特にバイオリンによる前奏はクラシック音楽のようで、うっとりとさせて追憶の彼方に運び込んでくれるようです。バイオリンの前奏直後のギター伴奏も気に入っています。

当時の映像がなかなか見つからないなあと思っていたら、最近いっきにいろいろな映像がアップされてきました。そのなかで気に入ったものを挙げておきます。

https://www.youtube.com/watch?v=2ptX39I7_oo

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック