ボグズ

ユーチューブを散策していて見つけた曲です。ビジャン・モルタザビ(Bijan Mortazavi 発音はあてずっぽうです)というイラン出身のバイオリニストの曲で、『ボグズ』(Boghz 同前)という曲名のようです。

はじめはギター中心のインストゥルメンタルかと思うくらいギターの音色が前面にでています。少ししてバイオリンが出てきますが、またギター中心になって、やっと真ん中近くになってやっとバイオリンがメインになるようです。その後もギターの音色がやけに目立ちます。

日本人好みの演歌に似た切ない感じのメロディで引きつけます。一気に気に入ってしまいました。テレビの刑事物で悲しい結末を迎えたときのようなイメージの曲です。日本のドラマでバックに使ってはどうでしょうか。

「ボグズ」というのが何を指しているのかわからなかったので調べてみたら、この語はペルシア語(イラン語)で、英語の「a lump in one's throat」だと出ていました。これをさらに英和辞典でしらべたら、「ぐっと胸につかえるもの」という意味だそうです。感動でグッとくることをいうようです。確かに感動的な場面にぴったりです。

https://www.youtube.com/watch?v=hGs0OgsKojk

実は始めに行き当たったのは別の映像で、『When Love Dies....』という映像名で出ていました。ここで使っている曲が『Boghz』と書かれていたので調べていったものです。ヒット数はこちらのほうが圧倒的に多くなっています。
(この動画は、一部のユーザーに適さない可能性があります。)と出て、ログインを求められますが、まったく問題がない映像です。へんですねえ。

https://www.youtube.com/watch?v=7EpGS91D9WI

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック