わかれうた

昭和52年(1977年)に中島みゆきが歌ってヒットした曲です。歌詞は支離滅裂で、文法的にもへんなところがありますが、別れる女の気持ちをよく表していて、わたしが大好きな曲です。

例を挙げると、「人ごとに言うほど たそがれは 優しい人好しじゃありません」なんて、なぜ人ごとなのか、たそがれが人好しってどういうこと?と疑問だらけです。

しかし、「別れはいつもついてくる 幸せのうしろをついてくる」というフレーズがとても印象的でした。幸せを感じているその後ろから、ひたひたと別れの悲しみが迫ってくるようで何か人生の真実を感じていました。

ちょうどわたしは大学を卒業して、だらだらと腰掛け的な仕事をしていたころでした。目先の仕事の目標はありましたが、人生の目標を見失っていたころだったので、たいへんすんなりと心に溶け込んできました。

曲のつくりもおもしろかったと思います。はじめに同音の連打が次第に下降してくるところはどこかで聞いたことがあるようでいて印象的なものでしたし、弾むようなリズムのなかに悲しげなメロディを載せてくるところも気に入りました。イントロに引きつける力がありました。

この曲は長い休符がほとんどなく、だらだらと歌詞が続いているようなところが特徴的です。歌っていて苦しくなるような曲です。やけに切れ目のないような歌だと思った覚えがあります。しかし、それがたいへん斬新な気がしました。

中島みゆきの歌う『わかれうた』の映像はネット上に出ていません。しばらく前には出ていたのですが、削除されてしまいました。研ナオコの歌ったものが見つかったのでそれを挙げます。研ナオコのふだんの歌をきいていると、ちょっと似合わないだろうなという先入観を持って聞いてみたところ、なかなか、ぴったりとはまりでした。むしろ中島みゆきよりうまい!
 
しかし、曲名はひらがなの「わかれうた」ですが、歌詞では「別れ」をつかっているのはなぜなんでしょうね。

なお、この曲はニューミュージックに分類されることが普通ですが、「新音楽」というネーミングはなにも中身を表していないという気がするので、中島みゆきのもともとの出身であるフォークソングということにしておきます。

https://www.youtube.com/watch?v=HQdBergsNZk

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック