ロリポップ

音が一部かぶっているのでロリコンということばを思い出してしまいますが、ロリコンはロリータ・コンプレックスの略です。わたしはロリータというのは少女を指すことばだとばかり思っていましたが、実はロリータには少女という意味はなく、『ロリータ』という小説に登場する少女の愛称がロリータなので、こういう少女を好きになる性向をロリータ・コンプレックスというようになったんだそうです。ひとつ勉強になりました。

そして、こちらのロリポップはペロペロ・キャンディのことでまったく別物です。ただ、ある英和辞典で調べてみると「ロリ」は英語で「愚かな」という意味があるようです。

この曲は1957年(昭和32年)ごろザ・コーデッツという女性4人のコーラス・グループが歌ったのが有名で、わたしもこれを聞いていたと思います。ただし、グループ名を知ったのは最近です。

上で「1957年ごろ」と書いたのは、ザ・コーデッツが歌ったのはカバーで、それ以前に他の歌手が歌っているからです。ウィキペディアではザ・コーデッツがいつ歌ったかは書かれていません。それよりも、ウィキペディアの概要では1957年録音と書かれているのに、本文では1958年に書いたとなっているので、つじつまがあわないのが不思議です。

歌詞がこの映像に出てくるのですが、意味がわかりません。きっとペロペロ・キャンディがうまいと歌っているんでしょう。どなたか意味を教えてください。

ザ・コーデッツは4人の女性ボーカルグループで、初めは1人が「ロリポップ、ロリポップ、オー、ロリ、ロリ」と歌い出すと、1人ずつ増えていきます。この「ロリ」の連呼が大変印象的で、子ども心に頭に残ったのでしょぅ。

有名なアンディ・ウィリアムズが指を口からポンと出す音を出しています。どうしてアンディ・ウィリアムスが出てくるのかはわかりません。しかし、この音には名前があるんでしょうか。これもおもしろいですね。

https://www.youtube.com/watch?v=3rYoRaxgOE0

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック