硝子の少年

明るかったのか暗かったのか、楽しかったのか苦しかったのか、人それぞれですが、だれにでも若々しい少年時代がありました。今になってみると、甘酸っぱい思い出が懐かしくよみがえるのですが、当時はそれこそ針のむしろに座っているような心持ちで日々を過ごしていたこともあったのです。その多感な少年の心のもろさを硝子の壊れやすさで表現したのでしょう、かな…
コメント:0

続きを読むread more