軽騎兵序曲


中学校の音楽の鑑賞の時間にこの『軽騎兵序曲』を聞いたような気がしています。作曲者のスッペという名も「すっぺー名だなあ」と思った覚えがあります。

しかし、最近までなぜかスッペという作曲家はアメリカの人だと思っていました。理由ははっきりしませんが、当時西部劇などで騎兵隊というのが出てきたのと、たぶん『草競馬』などのアメリカの曲と同じころ聞いたのではないかと思います。実際は、スッペはオーストリアの人で、オペレッタを多作した人だそうです。

序曲ですから本来はオペレッタの導入部分で演奏されるものですが、実際の『軽騎兵』というオペレッタは聞いたことがありません。これは『マドンナの宝石』の間奏曲と似た立場ですね。

序曲ですから全体で1つだと思いますが、いくつかの曲をつなぎ合わせたような構成になっていると思います。特に心に残るのは3か所で、それぞれに分離してテレビ番組やCMなどのBGMとして単独でも演奏されているような気がします。

1番目はこの映像の2分ぐらいのまでのところです。ファンファーレでの始まりが威勢よく、『ウィルアムテル序曲』を思い出させてくれます。
2番目は2分ごろからで、流れるようなメロディがたいへんドラマチックです。
3番目は2分34秒ころからで、重々しく豪壮な行進曲になっています。これも何かの入場行進などで用いられるような気がします。

https://www.youtube.com/watch?v=QrvWrm1wU74

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント