野性の呼び声

昨年『野性の呼び声』がまたまた映画化されました。またまたということは、これまでにも何回か映画化されているということです。今回はハリソン・フォードが主役を演じていますが、真の主役はセントバーナード系の犬・バックです。もとはジャック・ロンドンロンというアメリカの作家が描いた同名の小説でした。 あらすじをかいつまんで言うと、幸せな家庭で…
コメント:0

続きを読むread more

カサブランカ

この曲は以前にも取り上げましたが、ジプシー・ブラスのファンファーレ・チォカリーアの演奏もなかなかみごとです。ファンファーレ・チォカリーアについては以前にも取り上げ、そのときバンドの紹介をしているので説明はそちらに譲ります。 カサブランカはアフリカのモロッコの最大の都市です。モロッコというと砂漠を思い浮かべますが、この都市は人口40…
コメント:0

続きを読むread more

あの娘たずねて

昭和41年(1966年)に佐々木新一が歌ってヒットした曲です。当時わたしは中学2年生でした。2年前に東京オリンピックが開かれ、地理の勉強で少しは東京について学んでいたはずですが行ったことはなく、まるでおとぎの国のような存在だったと思います。 歌詞はいきなり「花の東京のどまんなか」から始まります。「花の東京」は『東京ラプソディ』など…
コメント:0

続きを読むread more

乙女の祈り

バダジェフスカ作曲のピアノ曲で、有名なピアノ小品集と銘打った曲集には必ず入っているほどの有名な曲です。弾きやすくきれいなメロディで人気があります。特に初めに休符を置いた三連符の和音が駆け上がっていくところはやわらかく清らかで、祈りをささげる乙女の姿を思い浮かべさせてくれます。 バダジェフスカはポーランドの女性ピアニストで、おそらく…
コメント:0

続きを読むread more

青春

アニメのテーマ音楽は「たかがアニメソング」と言われ、あまり高い評価は受けないのがふつうですが、アニメの世界と一体になったとき音楽の魅力が増してくることがあります。その代表がこの曲だと思っています。 この曲は『タッチ』のエンディング・テーマとしてつくられたものです。『タッチ』のメインテーマと同じ岩崎良美が歌っています。バラード調で淡…
コメント:0

続きを読むread more

津軽海峡・冬景色

この曲はユーチューブで演歌系統を散策しているとしばしば出会う曲です。ずっとこのブログではとっくに挙げたと思っていたですが、最近になって過去の紹介曲のリストを見ていたら載っていないことに気づきました。われながらびっくりです。 石川さゆりの歌った歌の中では『天城越え』とならぶ2大ヒット曲だと思います。『天城越え』がレコード大賞受賞曲な…
コメント:0

続きを読むread more

人形の家

先月弘田三枝子が亡くなりました。享年73歳だそうです。ご冥福を祈りながらここで彼女の最大のヒット曲『人形の家』を取りあげます。 この曲が発表されたのは昭和44年(1969年)でした。弘田三枝子はこの7年ほど前に『バケーション』をヒットさせ、パンチのきいた声で若さを爆発させるような歌を歌っていました。そのころはややぽっちゃりのどこに…
コメント:0

続きを読むread more

高慢と偏見

オースティンというイギリスの女流作家の作品で、名作との誉れが高く映画化もされました。人物の心理描写にすぐれた作品ということでした。ウィキペディアでも「精緻を極めた人物描写」となっています。そこまで名作と言われるんだったらひととおり読んでおかなくては、と読んでみました。しかし、よさはわかりませんでした。 まず『高慢と偏見』という題名…
コメント:0

続きを読むread more