テーマ:スペイン

スパニッシュ・アイズ

『スパニッシュ・アイズ』は、もともとドイツの作曲家で楽団指揮者だったベルト・ケンプフェルトが昭和40年(1965年)に作曲して彼の楽団が演奏した曲です。このベルト・ケンプフェルトは『マルタ島の砂』や『寄るのストレンジャー』の作曲で知られる人物で数々の名曲を作っています。 当初の曲名は『ナポリの月』だったようで、ビルボードのヒットチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

火祭りの踊り

マヌエル・デ・ファリャはスペインの作曲家でスペインの民族音楽を完成させた人物です。スペインの民族楽派の作曲家に共通する特長として、いずれもフラメンコやギターを意識したつくりになっています。 この曲は、バレエ音楽『恋は魔術師』の中の特に有名な一曲です。『恋は魔術師』がバレエで上演された話を聞いたことがないので、音楽全体としてはそれほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スペイン風セレナータ

この曲はスペインのマラッツという作曲家がピアノ曲として作曲したものをフランシスコ・タレガがギター用に編曲したものです。現在ではマラッツの名はほとんど知られていませんが、この曲だけはギター曲として輝き、生き残っています。 今回取り上げるリー・ジエ(李杰、李潔)は中国の女性ギタリストで、すごいテクニックで軽々と引き飛ばしていきます。昭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アラビア風綺想曲

『アルハンブラの思い出』を作曲したフランシスコ・タレガのギター作品です。スペインという国は独特の情緒が持ち味ですが、この独特さはヨーロッパ的なものにアラビア的な要素、そしてジプシーの文化が加わったものだとされます。スペインを始めとするイベリア半島はイスラム勢力に支配されていた期間が長かったため、アラビア風の音楽、建築、風俗などが根底にあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朱色の塔

『朱色の塔』はスペインの作曲家アルベニスの『性格的小品集』の中の一曲です。 朱色の塔とはアルハンブラ宮殿にある塔だそうで、夕日をあびて赤く染まった塔の美しさを表現したもののようです。『アルハンブラの思い出』と同様、昔日の栄光をしのばせる名曲だと思いますが、曲が小品のためかそれほど知られていません。 アルベニスの他の曲と同じく、こ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

グラナダ

『グラナダ』はギターの曲として有名ですが、もともとスペインの作曲家アルベニスの『スペイン組曲』の一曲で、ピアノ曲として作曲されました。アルベニスの曲の常としてギター演奏のほうが曲のイメージをさらに高めています。 高い音が一定のリズムを刻むなか、スペイン的な叙情あふれるメロディが流れます。グラナダはスペイン南部の都市で有名なアルハン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファイアダンス

スペインのフラメンコ・ダンサーであるマリア・パヘスのフラメンコです。もちろん踊りだけということはないので、曲名でもあります。この『ファイアダンス』は1995年に『リバーダンス』の一幕として作られたものです。 『リバーダンス』については以前取り上げましたが、『リバーダンス』とは、ダンスの名称ではなくアイリッシュダンスを前面に出したシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マミー・ブルー

昭和46年(1971年)のヒット曲です。歌ったのはポップ・トップスというスペインのグループだそうですが、もとの曲はフランスだそうです。これを英語で歌っているので、何と多国籍な曲でしょうか。当時日本でも相当売れて、よくラジオから流れてきました。 曲は「オー・マミー」というフレーズをひたすら繰り返して歌うというシンプルな(手抜きのよう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

スペイン舞曲第5番 アンダルーサ

もともとスペインの作曲家グラナドスが作曲したピアノ曲です。グラナドスはスペインの民族音楽を土台としてオペラやピアノ曲をつくったため、ギターの奏法を意識したような曲になっています。特にスペイン舞曲は舞曲という性格上フラメンコと共通する部分もあったのか、ギターにとても合っています。 第5番は「アンダルシア風」を意味する『アンダルーサ』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アストゥリアス

以前、『シェフナーズ・ロンガ』を話題に取り上げたとき、『アストゥリアス』に似ていると述べました。実際始めの部分はそっくりです。 『アストゥリアス』はスペインの作曲家アルベニスのピアノ曲集『旅の思い出』の1曲です。この前紹介した『入江のざわめき』と同じ曲集になります。ただし、この曲集の中での曲名は『伝説』(Leyenda)で、アルベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

粉屋の踊り

この曲はマヌエル・デ・ファリャのバレエ音楽『三角帽子』の中の1曲です。劇の中では、主人公の粉屋が踊るところの曲です。したがって、もともと管弦楽の曲ですが、スペイン的な香りの曲調はギターにぴったりです。弦をかき鳴らすラスゲアードや弦をたたくタンボーラなど本来ギター的な奏法をオーケストラに取り入れて、フラメンコそのものです。楽しげに踊る粉屋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入江のざわめき(マラゲーニャ)

スペインの作曲家アルベニスの曲です。ピアノ曲集『旅の思い出』の中の1曲でマラガ港の入江の情景を表現したものです。アルベニスはスペインのピアニストで作曲家です。スペインの風土に根ざしたピアノ曲を多くつくったので、この曲ももとはピアノ曲ですが、むしろギターに合っていると思います。 マラガはスペイン南部の地中海に面した都市で、ジブラルタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アランフエス協奏曲

スペインのロドリーゴが作曲したギター協奏曲です。全体で3楽章になりますが、有名なのは第2楽章で、甘く哀愁に満ちたメロディはとても美しく、聴く者をうっとりとさせます。この曲も私のなかでは「世界で最も美しい曲」となっています。 ギター協奏曲というのは、クラシックの中では珍しく、このアランフエス協奏曲の他には、ジュリアーニやテデスコの協…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スペイン舞曲第1番

この曲は『はかなき人生』という歌劇のなかの1曲で、スペインの作曲家マヌエル・デ・ファリャの作品です。ファリャはスペインの民族音楽をたっぷりと生かしてバレエ音楽等を作曲した人で、主な作品は『恋は魔術師』『三角帽子』などです。 この曲を演奏しているのは、ジョン・ウィリアムスとジュリアン・ブリームです。いずれもクラシック・ギター界を代表…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more