アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
浮き草の道草
ブログ紹介
根なし草、浮き草のような人生を歩んでいる初老男の道草のブログです。
音楽や読書を中心に昔の思い出をからめて語ります。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
スペインの微風
スペインの微風 むかしテレビ番組のBGMかなんかで聴いたような気がする曲ですが、それほど有名ではくめったに聴くことはありません。たまに「あっ、これは・・」と思うぐらいです。ホセ・フェレールという19世紀末から20世紀初めに活躍したスペインのギタリスト兼作曲家が作った曲です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/17 00:23
ブルーライト・ヨコハマ
ブルーライト・ヨコハマ どうして「ヨコハマ」とカタカナ書きなのか不思議に思いますが、外人墓地などが有名な横浜ですから、そういった洋風のムードを出したかったのでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/12 00:00
アブドゥラ・ハルキ
久々の中東です。ユーチューブで中東の音楽を探っているときに見つけた映像です。「Abdulla Harki」を「アブドゥラ・ハルキ」としましたが、正式な発音はわかりません。人名のようです。他にも「Abdulla Harki」がタイトルになった曲がユーチューブにはいくつも挙がっていますが、いずれも曲名はないようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/07 21:57
パリのめぐり逢い
パリのめぐり逢い 1967年(昭和42年)の同名のフランス映画の主題曲です。わたしはおそらく高校1年生でした。映画は見ていないはずですが、助演女優のキャンディス・バーゲンの知的な美しさはよく覚えています。この主題曲もよく聞いた気がするのでテレビやラジオで流れていたのでしょう。 キラリン、キラリンと始まる鉄琴のような音が特に印象的です。全体にゆったりとして単調ではありますが、甘いムードで当時から昔を思い出すような懐かしさを感じた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/01 14:30
アイスクリームの歌
アイスクリームの歌 童謡というだけで古く感じてしまうのは先入観ですが、童謡の中でも結構最近の歌のように感じていました。アイスクリームという素材の新しさと歌詞の斬新さからだろうと思っていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/24 11:56
オペラ座の怪人
「永遠の愛」などということばは若いころだけ胸に刻み込むことばだと思います。人生を経てきた今となっては「何を夢のようなことを言ってるんだ。年をとって、しわくちゃのおじいさん、おばあさんになっても永遠の愛か」などと、からかわれてしまいますが、今では理想ではあります。 この永遠の愛を小説で感じさせてくれたのは『嵐が丘』でした。映画にもなり、リアルタイムでは見ていないのですが、のちにビデオで見たことがあり感動した覚えがあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/19 21:52
早春賦
早春というには少し暖かくなりすぎたような気もする今日このごろです。春になるとこの『早春賦』を思い出すのは歳をとったせいなのでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/14 12:01
イフ・アイ・クッド・ターン・バック・タイム
イフ・アイ・クッド・ターン・バック・タイム 1989年(平成元年)にシェールが歌ってそのPVの奇抜さで度肝を抜いた曲です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/07 23:26
サンダーバード
サンダーバード 1965年(昭和40年)からイギリスで放送された人形劇によるテレビ番組です。日本では、昭和41年(1966年)から1年間放映されたようです。その後も再放送が何回もされているため、わたしが見たのはいつなのか記憶が不鮮明ですが、登場人物のひとりであるペネロープの声が黒柳徹子だったことだけは覚えています。わたしの家にテレビが入ったのが中学生のころだったので、そのころかもしれません。それとも再放送を見たのかな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/01 12:34
ハレルヤ
「ハレルヤ」は「主をたたえよ」という意味で、もとはヘブライ語からきているそうです。したがって、いろいろな『ハレルヤ』があるのですが、ヘンデルのオラトリオ『メサイア』に出てくる『ハレルヤ』がとくに有名です。わたしはキリスト教徒ではないので宗教的なかおりのする曲はもともと好きではありませんが、ときどき感動的な名曲があることはたしかです。曲のよさはまた別物と考えなくてはいけません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/21 22:45
人生賛歌
「ものは思いよう」ということばは私の母が常々言っていたことです。母の人生は波乱に満ちたもので悲しさや苦しさはいっぱいあったようですが、ひたすらまじめに一生懸命生きてきて、やり残したという悔いはなかったと思います。「ものは思いよう」で人生をプラスに考えて生きてきたようでした。そんな母の人生に賛歌を送りたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/11 23:55
悲しき街角
1961年(昭和36年)にデル・シャノンが歌ってヒットした曲で、日本でも飯田久彦などがカバーしていたようです。原題は『Run Away』ですから、「逃亡」ということです。どこから『悲しき街角』という邦題を思いついたんでしょうね。イメージはまったく違いますが、むしろ日本人的にはこちらがよかったのでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/06 19:38
夢見るジョー
ヴァネッサ・パラディはフランスの歌手です。1987年(昭和62年)に15歳のときこの曲でデビューしました。声だけ聞くと小さな子が歌っているような、舌足らずの発音で大人気となったようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/31 13:47
雨降りお月さん
雨降りのなかを馬に揺られて花嫁が嫁に行くという場面を歌ったものです。大正14年(1925年)に野口雨情作詞、中山晋平作曲で、『コドモノクニ』という児童雑誌に載せられたものです。童謡の部類に入る歌のようです。つくられてからもうじき100年になります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/28 09:51
ふりむかないで
ふりむかないで ライオンのエメロンクリームリンスのCMソングで有名になった曲です。もともと昭和45年(1970年)に小林亜星が作曲し、ハニーナイツというCMソングのグループが歌って話題になったものです。この曲は昭和47年(1972年)になってレコードとして発売され、大ヒットになったそうです。ムード歌謡の風情を残しながら、しゃれた都市感覚を取り入れた曲だと思っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/20 11:51
異邦人
異邦人 『異邦人』は、フランス人のカミュが著し、一世を風靡した小説です。この本は大学時代に友人(もう亡くなってしまったが)に「カミュくらい読んでおかないと」と言われて読んだものです。当時「不条理」ということばに人生の真実が潜んでいるような気がして読み始めたのです。あとさきは忘れてしまいましたが、『シーシュポスの神話』も読みました。どちらかを先に読んでよくわからないのですが、もうひとつカミュの作品を読んでみようと思ったようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/17 13:13
サッドネス・パート1
サッドネス・パート1 エニグマについては以前『リターン・トゥ・イノセンス』と『ミア・カルパ』を取り上げました。マイケル・クレトゥが中心になった音楽プロジェクトです。「エニグマ」というのは「謎」という意味で、当初はこのグループのメンバーもはっきりさせず、やはり謎めいたグループだったようです。曲もミステリアスなものでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/12 00:00
白い想い出
白い想い出 あけましておめでとうございます。思い返してみると新年のあいさつは初めてのようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/01 21:22
ハッピー・バースデー・トゥー・ユー
世界中のみんなが知っていると言っても過言でないほど有名な曲ですが、この曲は、アメリカ人のヒル姉妹が1893年(明治26年)に作詞・作曲した『グッド・モーニング・トゥー・オール』の替え歌だそうです。そのもとの歌詞を見ると、  グッド・モーニング・トゥー・ユー  グッド・モーニング・トゥー・ユー  グッド・モーニング・ディア・チルドレン  グッド・モーニング・トゥー・オール となっているので、朝「おはよう」を子どもたちにあいさつするものだったのです。それが、いつの間にか誕生日を迎えた人への... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/26 22:15
カチューシャ
カチューシャ カチューシャは女の子が髪につけるヘアバンドです。わたしには髪をまとめる以外の価値はわからないのですが、人気は高いようでさまざまに飾り立てたものなどがあり、ときには大人でもつけている人を見かけます。これは日本独自の呼び方だそうで、外国ではこのように呼ばないということですから、単純にヘアバンドというんでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/16 22:19

続きを見る

トップへ

月別リンク

浮き草の道草/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる