アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
浮き草の道草
ブログ紹介
根なし草、浮き草のような人生を歩んでいる初老男の道草のブログです。
音楽や読書を中心に昔の思い出をからめて語ります。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
サンクスギビング
しばらく前からメロディーのはじめの部分が頭に浮かんでくるのですが、何という曲だったか、だれが演奏していたのか、なかなか思い出せずにいた曲です。リチャード・クレイダーマンだったかなあ。いやちがう。弦が入ってなかった気がする、思い出せそうで思い出せないもどかしい状態になっていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/22 00:15
パイプライン
この曲はシャンテイズというグループが昭和38年(1963年)にヒットさせた曲だそうです。わたしはまだ小学生で、曲をまともに聞いたのはもっとあとだと思います。シャンテイズの名もつい最近まで知りませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/18 10:31
白いブランコ
ブランコは公園にはなくてはならない遊具で、どこの公園に行ってもまずブランコがあります。小さい子どものころはおもしろがって大きく漕いだものですが、少し大人になったら漕げば漕ぐほど目が回るようになってしまって、いまではブランコに腰掛けることすらなくなってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/14 22:56
サボテンの花
テレビドラマ『ひとつ屋根の下』の主題歌としてヒットした曲です。もともと昭和50年(1975年)にフォーク・グループのチューリップが歌った曲ですが、平成5年(1993年)にテレビドラマの主題歌としてヒットしたものです。なんとそれが18年後です。すごい年月がかかっているんですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/11 22:59
そよ風と私
『そよ風と私』はキューバの作曲家、エルネスト・レクオーナがソロ・ピアノのために作曲した全6曲のピアノ組曲「アンダルシア」の中の1曲だそうです。この『アンダルシア』は1928年(昭和3年)に作曲されたそうで、これに詞がつけられたのが1940年(昭和15年)ですから、かなり古い曲です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/07 23:57
銀座に生き銀座に死す−昭和文学史の裏面に生きた女
銀座で数々の文豪たちに愛され死んでいった坂本睦子について、交遊の深かった白洲正子が書き下ろした随想です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/29 19:34
ロシアより愛をこめて
この曲は007ジェームズ・ボンドのスパイ物シリーズの第2作で、1963年(昭和38年)に制作された映画『007危機一発』の主題歌です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/21 23:19
リラックス
1983年(昭和58年)にフランキー・ゴーズ・トゥー・ハリウッド(以下フランキーと略す)が歌ってヒットした曲です。なぜかわたしはデュラン・デュランが歌っていたのを先に知ったような気がします。デュラン・デュランの曲としては『リフレックス』が有名ですが、同じグループが似た曲名の歌を出したものだと思った覚えがあります。ということは、デュラン・デュランが『リフレックス』を歌っていた1984年(昭和59年)ころだったはずです。フランキーが歌った1年後なので認知が後先になったのはやむを得ないかと思います。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/14 20:24
幸せをフォーエバー
最近の結婚式では、なれそめや結婚式・披露宴の次第を撮影して記録し、それを披露宴の最後でエンドロールとして流すようなことがよくあるようです。一生の思い出になるものですし、それを流すことで参会者の感動が新たになるという効果もあって、多用されているのでしょう。わたしの結婚式もそんな記録があったらよかったなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/09 15:29
夢見るシャンソン人形
フランス・ギャルが1965年(昭和40年)に歌ってヒットした曲です。フランス・ギャルはルクセンブルグ代表として第10回ユーロビジョンコンテストでこの曲を歌って優勝したそうです。フランス・ギャル自身はフランス人のようなので、どうしてルクセンブルク代表なのかよくわかりませんが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/04 00:25
ハロー・メリー・ルー
昭和40年ごろ少女雑誌の「マーガレット」で『マリィ・ルウ』という漫画の連載がありました。作者は西谷祥子という漫画家です。妹がこの週刊誌を読んでいたのでときどき見せてもらいました。学園もので、主人公の女の子の目が大きくてかわいいところにひきつけられました。ときどき物語のストーリーに関係なく、主人公のファッショナブルなポートレートがコマ割から外れて描かれるところも斬新でした。女性ものでわたしが特別に気に入ったのは、この『マリィ・ルウ』と、ちばてつやの『ユカをよぶ海』ぐらいのものでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/30 10:46
タイム2
イワン・ドブソン(実際の発音はイューアン、イーアンに近い感じのようです。)が超高速のギター・テクニックを見せてくれます。曲は無機質でひたすら弾きまくるというものです。練習曲のようなつくりでメロディらしきものはなく無味乾燥ですが、驚異的なスピード感と乗りで圧倒します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/24 08:47
マンボNo.5
マンボの王様と言われたペレス・プラードが1949年(昭和24年)に制作した曲です。ペレス・プラードは以前『セレソ・ローサ』でとり挙げました。『セレソ・ローサ』も名曲ですが、この『マンボNo.5』にはかなわないと思っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/19 08:10
悲しき鉄道員
『ヴィーナス』で大ヒットを飛ばしたショッキング・ブルーが翌年の1970年(昭和45年)に発表した作品です。本場ではそれほど売れなかったのに日本では結構ヒットしたようです。わたしは当時サイケデリック音楽の続きのような感覚で聴いていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/15 12:26
ハバネラ
「ハバネラ」というのは「ハバナ風」という意味で、もともとハバナのあるハイチで起こった舞曲がキューバに伝わって広まり、さらにスペインに渡って大人気を博したということです。ハバネラは舞曲の形式なので、ハバネラという形式の曲はいっぱいあるのです。しかし、群を抜いて有名なのはビゼーの『カルメン』の中に出てくる『ハバネラ』です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/12 08:05
500マイル
ピーター・ポール&マリーが歌ってヒットしたフォークソングの名曲です。おそらくわたしが初めて聴いたのは高校のころで、ブラザース・フォーの歌ったものです。わかりやすい歌詞だったので意味は多少わかりました。友だちと別れ500マイル離れたところへ旅立つ惜別の心を歌ったものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/10 23:47
シングル・アゲイン
ユーチューブを散策していたら、かつてよく聴いた曲に行き当たりました。かなり気に入っている箇所もあるのに、曲名は思い出せませんでした。というよりもはじめから曲名を知りませんでした。どうしてなのか、調べてみたら、『火曜サスペンス劇場』の主題歌として用いられた曲でした。たまにドラマを見て聞き覚えたのでしょう。平成元年(1989年)竹内まりやが歌った曲です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/07 12:29
ドナ・ドナ
フォーク・シンガーのショーン・バエズが1961年(昭和36年)に歌ってヒットしたもので、フォークソングのスタンダード・ナンバーと言える曲です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/02 23:44
ミヨチャン
平尾昌晃が亡くなりました。享年79歳ということで、平均寿命の延びた今の時代ではやや早世と言っていいでしょう。言わずと知れた大作曲家で、歌謡曲、ポップス、演歌、アニメソング、ドラマ主題曲などその作品はジャンルを問わず広がっているので、追悼する歌を選ぼうにも迷ってしまいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/29 13:22
聖母の御子
NHKの「名曲アルバム」で、モンポウの『歌と踊り』を放送していました。聴いてみるとそこに出てきた最初の曲は、よく聴いて知っているはずの曲でした。ギター曲で聴いたことがあるはずだが、モンポウなどという作曲者名ではなかったような気がしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/26 23:13

続きを見る

トップへ

月別リンク

浮き草の道草/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる