マイ・スウィート・アンド・テンダー・ビースト

この映像はアンジェリーナ・ジョリーとジョニー・デップが出演した『ツーリスト』の一場面です。この映像でこの曲と出会いました。しかし、映像は曲にかぶせただけのようで、映画とは関係ないようです。

曲名は「甘くやさしい獣」という意味です。もともと同名のソビエト映画のテーマ曲だったと思われますが、映画そのものはそれほど有名ではないようで、わたしもまったく知りません。その後、モスクワ・オリンピックやソチでの冬季オリンピックの開会式で用いられたということですから、おそらくオリンピックのとき繰り返し流れて耳に入ったのでしょぅ。

この曲を作曲したのはユージーヌ・ドガというソビエト生まれの作曲家で、映画音楽を多数作曲しています。ウィキペディアで調べても日本語版はないので、英文をざっとながめてみましたが、よくわかりません。名前は「Eugen Doga」というつづりになっていて、わたしはエウゲン・ドガと読んで調べていましたが、それではだめだったんです。ユージーヌ・ドガで調べるとちょっと出ています。

関係ないけど、ジャズ・ピアニストのオイゲン・キケロの「オイゲン」は[Eugen]で、同じつづりです。オイゲン・キケロはルーマニア出身ということで国が違うので、読み方が違ってもいいのですが、語源的には同じなんでしょうね。

この曲はこのあいだ挙げた『セカンド・ワルツ』に似た雰囲気の曲だと感じます。こちらも3拍子のワルツですから共通する面はあります。ただし、こちらのほうがミステリアスで劇的な雰囲気があります。

途中からのコーラスでは『真珠採りのタンゴ』を思い浮かべ悲劇的な最後を想像してしまいます。実際はどうなんでしょうね。

https://www.youtube.com/watch?v=gcPv0h7d3ws

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック