高慢と偏見

オースティンというイギリスの女流作家の作品で、名作との誉れが高く映画化もされました。人物の心理描写にすぐれた作品ということでした。ウィキペディアでも「精緻を極めた人物描写」となっています。そこまで名作と言われるんだったらひととおり読んでおかなくては、と読んでみました。しかし、よさはわかりませんでした。 まず『高慢と偏見』という題名…
コメント:0

続きを読むread more